急な転勤で困ったことはありませんか?

急な転勤は、ある日突然、やってくるものです。

会社によって多少の違いはありますが、
転勤の正式な辞令が出たら、1週間後には引越しということは、
決して珍しくないですね。

転勤の内示でも、2週間前くらいがせいぜいだと思います。
転勤は、そうそうラクな話ではありません。

職場を変わるだけでなく、
住む家を変わらなければなりませんから、
準備をするのも大変です。

そこでこのサイトでは、急な転勤で困ったときのために、
急な転勤のノウハウをご紹介して行きたいと思います。

転勤が決まったら、まずは日程を確定させる

転勤が決まったら、まずしなければならないのは、
着任日までの日程を確定させてしまうことです。

まず真っ先に決めなければいけないことは、転勤先で住む家を探すことです。

住む家が決まらなければ引越しもできませんから、
この日程は最優先で、できれば転勤の辞令を受けてから1〜2日中には、
現地を飛んで、家探しができるよう、手配しましょう。

会社による借り上げ社宅の場合の場合

もし会社で指定の社宅があるのなら、家探しの必要はありません。

しかし借り上げ社宅の場合、会社で用意した物件の他に、
もし自分が気に入ったところがあれば、そちらに住むのも可能な場合があります。

ですから会社が用意した物件がある場合でも、
現地の賃貸情報などはネットでよく調べ、
回ったらよさそうな不動産屋をピックアップしておくのがオススメです。

また借り上げ社宅としてどの程度のものを会社が負担してくれるのか、
その額などについても、事前に会社の総務などに確認しておくことが必要ですね。

引越しの日と業者を決める

また辞令を受けた時点で着任日は決まっていることになりますから、
着任日にきちんと出社できる日を逆算し、引越しの日を決めます。

引越しの日が決まったら、つづいて引越し業者も決めなければなりません。
もし会社で指定の業者があるのなら、その業者を使うことになるでしょう。

見積もりを依頼する

でももし、会社で指定の業者がないのなら、
複数の引越し業者に見積もり依頼することがオススメです。

引越し料金は、業者によってかなり格差がありますので、
一社だけに見積もりを取ってしまうと、費用が高くなる可能性が高いです。

引越し料金についても、
会社でどの程度まで負担してくれるのかをきちんと確認しておくようにしましょう。

また会社で指定の引越し業者がある場合でも、
エアコンの取り付けなどが別料金になる場合も少なくないので、
できる限り自己負担せずにすむよう、きちんと確認が必要です。

荷造りをどうするのか?

引越し前には、荷造りもしなくてはなりません。
この荷造りも、いつから始めるのか、決めておかなくてはいけません。

荷造りは、一人暮らしの場合なら、極端にいえば一日で終わらせることも可能です。
ただ家族で引越すとなると、荷造りにもそれなりの日数が必要になります。

もしどう考えても荷造りが間に合わないというようならば、
引越し業者に荷造りを依頼することも検討しましょう。

荷造りを自分でするのなら、できる荷造りはすぐにでも始めるに越したことはありません。

引越し業者が決まれば、業者が荷造り用のダンボールをくれることになりますが、
ダンボールはスーパーなどでダンボールをもらうことができます。

すぐには使わないものは、どんどん荷造りしていってしまうようにしましょう。

各種手続きはどうするのか?

また引越し前にしなければならない各種手続きもあります。
ただ手続きは、引越し後でも間に合うものも少なくありません。

急な転勤の場合には、
引越し前にどうしてもしておかなくてはならない手続きだけにしぼって、
手続きするのがオススメです。

古い家はどうやって売ればいい?

売ろうとする一戸建てが、古い場合があると思うんですよね。
今まで住んでいたからといって、かならずしもこれからも住めるとは、限らなくなるわけですよ。

古くなると、家を売却するには様々なリスクが出てくることになってしまうわけなんですね。
そこで古い家 売る場合の注意点について、紹介したいと思います。

住宅にも耐用年数がる

当たり前の話なんですが、住宅にも耐用年数があるんですね。
これは住宅が、木造なのか、鉄骨なのか、鉄筋コンクリートなのか、などによって大きく変わってくるわけなんですが、まあ普通は、日本の住宅は多くが木造になるわけですよね。

この木造住宅なんですが、耐用年数は20年、または22年ということになっています。
この耐用年数は、税務上決まっているもので、木造住宅の資産価値があるのは、その期間だということになっているんです。

ですからもちろん、耐用年数が過ぎたからといって、住めないとか、価値がいないとかいうことではありません。
住宅ローンも、もちろんのことですが、木造住宅であっても、35年ローンを利用することができます。

売却する前に建物診断をするのがオススメ

木造住宅は古くなると、地盤沈下によって建物が傾く場合があります。
またシロアリの被害を受けている可能性もありますし、結露などによって木材が腐っている場合もあります。

そこで古い木造住宅を売却する際には、その前に建物診断をするのがオススメです。
建物診断の費用は5万円程度で、それほと高いものではありません。

建物診断をしておけば、もし問題があるなら、それをあらかじめ把握できることになりますし、問題がなければ、それを買い手にアピールすることもできることになりますよね。

瑕疵担保責任に注意

建物を売却すると、売り手は「瑕疵担保責任」を負うことになります。
これはもし売り手が気づいていない問題が建物にあった場合、売却後の2ヶ月ないしは3ヶ月、売主が責任を負うということ何でS音。

一戸建ての場合には、

・シロアリの被害
・躯体の腐食
・雨漏り
・給排水設備の故障

について、売主は瑕疵担保責任を負わなければなりません。

これらのことは、場合によっては多額の費用がかかってくる可能性もあるわけです。
ですから売却時には建物診断を行い、売却後に何らかの問題が発生する可能性を予測しておくことが必要です。

古い建物にも価値がある場合がある

古い建物を売却しようと考える際、「建物には価値がない」と思い、その分、値段を下げたほうがよいのではないかと考えることがあると思います。
ただ古い建物は、必ずしも価値がないわけではありません。

今は古民家ブームとなっています。
古い建物の風情が、逆に若い人から魅力と映り、人気になっているんですね。

ですから古くても、そこに価値を見出してくれる人はいる可能性があるわけです。

売却時に、古いからといって不必要に値段を下げてしまうことがないよう、注意することは必要だと思います。


急な転勤で困った時のメモ書き

メニュー